2010年01月28日

無題

llll.jpg
頼まれていたポスターが終わったので告知ついでに掲載。

これからやっとレミフラ本に取りかかれます!(言い訳のニュアンスを含みつつ

あと2/4からは謎のマイナーACGである所の悠久の車輪も
バーウプなので楽しみすぎる。

※追記
左上の字を間違ってる古いバージョン貼ってしまったので
詳細はイーストオペラ 東劇とかでググってください。
posted by 佐々木&小嶋 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 着色された画像が含まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

無題

c77c.jpg
例大祭申し込みをスルーした教訓を元にさっさと申し込みました。

サークルカットは困った時はとりあえず霊夢描いとけ的な
ノリなんですが、何だかんだでやっぱり霊夢本になる可能性が
無きにしも非ず。

■天子と勇儀が電撃ビッグバン
あまり言及してもしょうがない部分なのだけど
筆が速いのはあらゆる局面で有利補正がかかる優良スキルだなと。
オリ服は個人の性癖が出る要素だと思い込んでいるので
決してロリではない人が描いたらこうなるのかなと思った。
外野している、何もかも積極的に介入する訳ではない霊夢も
原作っぽい空気をまとっており、1人原作寄りの人が居れば
なんかこう、全体が引き締まって原作要素が強まっていいね!
(無論キャライメージが先行する部分が大きいのだけど)
あと一回はエロい事したい発言をそこそこ聞いたので
やるとしたら細っこい映姫を以下略ですね。

■リリーマイラブソースウィート
多分一番使ってるのは本人じゃないかってくらい
相変わらず偏ったキャラ愛が紙面から溢れており
ここまで好き勝手やっていいのか…よし!と
妙に勇気が沸いてきます、はい。
あと、こっちもあかだのあおだの出す時は名前の
問題で色々と考える場合があるんですが、そちらも
同じ様な悩みめいたものを抱えておられるのかなとも思ったり
ちなみにウチの本も一番使っているのは本人達だと思います。

■盟友にとり
愛が無かったら本を作ろうって気にはならないので
感想としてはどうかも思うけどうやっぱり言わずにはいられない
愛とか情念とか性欲の結晶とも取れる作品。
プロットの時点で妄想が予想以上に膨らむのはよくある事。
でもこのページ数を見るに予想以上に膨らんだ物を削る努力を放棄した
事も見て取れるあたり、相変わらず半端無いと思った。
エロに関してはどのページをめくっても交尾しているのが
自分達の思い描くエロ本の必要条件を満たしており、やっぱりエロ本って
こうあるべきだよな、などと再認識しつつも、線がもう少し綺麗だったら
って部分があったもの事実、でも他のキャラも息をする様に自然な様子で
服がオリジナルアレンジされているので問題無かった、オリ服最高。
posted by 佐々木&小嶋 at 01:24| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

2/6

fffffff.jpg
例大祭のサークルカットに色をつけてみました、嘘です
申し込み自体間に合わなくて首を吊りたいです。
本当は身内のリクであった大会全般の名札絵でした。

■脇
続き物の利点としていきなりエロい事をおっぱじめても
許されるってのがあり、それを十二分に活用された本作は
霊夢がいきなり壊れているのでオナツールとして優秀だと
言わざるを得ない。
しかしながら、心を砕かれて雌として再構成された
霊夢は「なんかちょっと可哀想だな」「うん」なんて会話が
漏れる程に事後の人、単に淫乱化してるとかじゃなくて人格
レベルで堕とされている気がするので普通の霊夢好きには
むしろお勧めできないかも。しかしあの人がごった返してる空間は
なんなんだろうね、阿片窟ってあんな感じだったの?的なドロ
ドロとした一見さんお断りな空気は凄い。

あと前回も言ったけど、ここの更新に関してはジジイのファックよりも
元気が無い頻度なので、冬コミ関連が終了するのは後1週間以上を要します。
posted by 佐々木&小嶋 at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 画像が含まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

C77 1/6

色々と力を溜めているのでしばらくはサウンドオンリーな
更新が続くのだ。

で、例の如く暗号めいた内容での記載

■フランちゃんこいしちゃんの大人げない幼女バトル
何だろうねこれ、なんつーか…普通に面白くて困る
ウチの友達連中は基本同人を読まないので、面白いの
何か読ませれと言われたら界隈ネタとかの知識が不要で
漫画的に面白い?のを進める事になるんだけど、この本は
正にそんな感じの面白いので、お勧め要求されたら差し出そう。

基本的にスカ姉妹の様なパワーバカは往々にして
トリッキータイプの噛ませになる傾向が強くてムキムキする事が
多々あるのだけど、こうやってお互いの力を尊重し合うのは
いいね!これってクロスオーバーさせる時の前提条件みたいな
ものだけど、これって良く考えたら紅魔郷と地霊殿のクロスオーバー
なので(今さらだなオイ)興奮しない訳が無かった
っつーか、いいよねクロスオーバー!エリプレも映像が暗すぎて
何やってるか分からない点を除けば良かったよ、と明後日の
方向に着地して終わる。

しかし本当に、面白くて読後感がよろしい良作なんだけど
実はこの手の作品って今は普通にゴロゴロしてる群雄割拠の
時代なん?と読み手としての一線を退いた老兵の一言が残されていた。

あとページ数が暑くて熱くてブラッディウルフな感じでもあるので
傍から見てて凄いエネルギーに圧倒されそう、圧倒されすぎて
気分は飛行石をまぶしがるジジイの感覚です。

*帰宅直後なのでまだ文章が長いですがそのうちなげやりになる
posted by 佐々木&小嶋 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

無題

あとツイッターなんですが、あまりにお手軽便利すぎて
逆にこっちが廃墟になりそうな勢いです。

ただ、情報の発信ツールと言うかブログの延長で使う予定であり
こちらからのフォローは出来なさそうなので
サークルの中の人(って表現使える程大層な存在ではないですが)
の別アカでフォローする可能性があり、その時は生温かく
見守って欲しい次第。
posted by 佐々木&小嶋 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
画像が含まれる(32)
着色された画像が含まれる(11)
イベント(36)
回転する画像が含まれる(3)
作品履歴(16)

follow Ear_Jet_City at http://twitter.com
最近の記事
(08/17)ジャンルとしてマイナー
(03/17)無題
(03/09)無題
(05/29)無題
(05/23)無題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。